Fallout76 News

《Fallout76》序盤で注意した方がよいこと

※ 2018/12/2 少し更新

11月15日から、いよいよFallout76の正式サービスが開始します。今回は、B.E.T.Aで経験したことから、序盤から留意した方がよいことを数点挙げていきます。正式版でバランスが変わっている点もあるかもしれませんが、まったく知らないよりは役立つかもしれません!

1.食料品は腐る

食料品にはコンディションが設定されているものがあります。CNDのバーが無くなると腐ってしまうので、早めに食べてしまうか食材ならば料理しちゃいましょう。今作は重量管理が結構たいへんなので、必要以上に食材を取らない方がよいかもしれません。ただし、腐った食品をある程度まとめると肥料を作れますから、肥料が欲しい場合はとっておくのも一つの手です。

 

2.ジャンクはかならず解体してから、保管庫へ

ジャンク品はそのままだと、かなりの重量となってかさばります。ワークテーブルで解体して部品にしてから保管庫へしまいましょう。

保管庫の最大容量は400と限られています。分解した部品でも量が増えるとかなりきついです。そういった場合は、細工師の作業テーブルで部品をまとめて『バルク』にすることで(少量のプラスチックを消費する)、若干重量が減ります。手間はかかりますが、アイテムが増えると保管庫のやりくりは重要になりますので、しっかりやっておきましょう。

 

3.実弾は結構手に入る

序盤では.38口径と.308口径が、わりとたくさん手に入ります。これはスコーチやスーパーミュータントがパイプ系のピストル、もしくはライフルを使用しているケースが多いからです。その次に10mm、0.45口径、ショットガンシェルあたりでしょうか。

実体験としてSCROUNGERのパークを1でも取ると、レベル20辺りまでは残弾を気にすることもなく生活できました。というより、むしろ弾の重量が問題になるほど余ってました。レベル50前後になるまでは、拾った弾薬だけでもやっていけるかもしれません(もちろん使う銃の種類に左右されます)。

 

4.ファストトラベルとC.A.M.P.の移動は計画的に

序盤、色々探索したり、敵を倒したりして入手できるキャップはかなり少ないです。クラフト環境が整ってアイテムを売れるようになるまでは、あまり無駄にキャップを浪費しないようにしたほうがいいかもしれません。欲しい設計図などが売っていた時に、買えなかったりすると悲しいです。あと、ワークショップの占拠にもキャップ使いますからね。

 

5.きれいな水を確保したい

なんの処置も施していない水を直に飲むと、RADは上がるわ病気になる可能性はあるわで、散々な目にあいます。煮沸すればそういったリスクを下げられますが、それでも水を取得する時にRADが上昇してしまうのです。

このジレンマから脱出するには、とにかく浄水器(小)をクラフトできるようにするのが一番いいです。設計図は、OVERSEER’S MISSIONで訪れる場所に置いてある、監督官の保管箱からたぶん手に入ります。場所が固定なのかわかりませんが、私はチャールストンの議事堂で手に入りました。

 

6.パーティーは安全だけど・・・

パーティーを組むと安全だ、と前の記事で書きました。でも・・・絶対ではありません。(パーティーの相手がリアルフレンドなら、ここの話は無視して結構です)

相手はNPCではなく人間です。重要な場面でどっかいっちゃう人もいます。退屈してくると、いきなり襲い掛かってくる人もいます。世界各国から様々な人間が集まってますので、一応、野良パーティーの時などは注意しておきましょう。

 

 

 

(Visited 348 times, 5 visits today)

Fallout76の関連記事


お気軽にコメントをどうぞ。

コメント